安ければいい保険?

本当にいい保険?

保険を選ぶにはやはり金額が一番重要ですよね。
もし万が一の時に入るのが保険なので使わないで掛け捨てになるのであれば出来るだけ出費は抑えたいと思うのは当然のことだと思います。
しかし、出費を抑えて保険の内容を削るようであればいい保険とは言い切れません。
必要なものは入れておきながら安いことが条件になってきます。
しっかりとした内容に入っており、かつ安い保険であれば言うことはないです。

では、必要な内容とはどのようなものなのでしょうか。
自分が入りたい内容、付けておきたい条件がきちんと入っているかです。
保険の担当者に話をするときちんと応えてもらえます。
保険の条件などを確認して、本当に自分に必要なものがきちんと入っているかは今一度見直してみましょう。

安いのには理由があります

安い保険にはきちんとした理由があります。
外資系や通販型の場合ですが、店舗を持たないので全てコールセンター経由で話をしていきます。
つまり人件費が圧倒的にかからないのが特徴的です。
また、大手保険会社と提携をしている点も大きいです。
保険を使う際にその大手保険会社のスタッフが派遣されて手続きを行っていきます。
そこでも人件費がかからないので、その分を保険料に振り替えることが出来るのです。

しかし、デメリットも多いことは覚えておいてください。
コールセンターしかないということは全て自分で手続きを行わなければなりません。
保険の内容に詳しい人や保険の仕事をしていたことがある人などは自分で手続きをしても問題ないと思いますが、一般的にはそうもいきません。
また、大手保険会社と提携を組んでいると言っても、自分のところの保険事故を優先にはしてしまいます。
スピードも割と遅いと言えるところではあります。


この記事をシェアする